顧問ドクター

  • 久野則一

    久野マインズタワークリニック院長

    1964年熊本大学医学部卒業。1965年熊本大学医学部第2内科大学院入学。1965年ECFMG永久認定。1966年ニューヨークのアルバートアインシュタイン医科大学付属病院でレジデントを修了。1970年久野内科医院開設。クーパー先生の書「エアロビクス」に啓発され運動療法をはじめる。福岡大学進藤先生に運動療法を学ぶ。食養、アルファー波トレーニングを治療に加える。1986年エアロビクスクリニックに勤務。クーパークリニックと提携するエアロビクスセンターで健康学を志向、ドイツケルン体育大学にホルン先生を訪ね、運動理論を学ぶ。地域のインフラとしての医療のシステム化を目指す。1994年倉敷成人病センター勤務。1995年シンガポール、Japan green clinic勤務。1966年新宿マインズタワークリニック勤務。1997年久野マインズタワークリニックを開設。ライト先生の新栄養療法を医療の柱に加え、現在に至る。

  • 藤田紘一郎

    東京医科歯科大学名誉教授
    医師・医学博士

    1965年 東京医科歯科大学医学部卒業 、1966年 同大学医学部付属病院で実地修練修了、同年医師国家試験合格。 1970年 東京大学大学院医学系研究科を修了し医学博士号を取得、東京大学医学部助手(寄生虫学)。感染免疫学・寄生虫学の視点から公衆衛生についての執筆多数。特に寄生虫関連の一般書で広く知られるようになる。また、花粉症の原因を、寄生虫を撲滅しすぎたためとする説を広めたことでも知られる。自身の研究の一環として、自らの腸内で15年間6代にわたり条虫(サナダムシ)と共生していたことがある“きよみちゃん”と名付けたサナダムシは、3代目)。
    現在、東京医科歯科大学名誉教授、人間総合科学大学教授。